みんなのクレジットカードライフ

年会費無料のクレジットカードは本当にお得なのか?

昨今、クレジットカードの年会費と言えば、無料が当たり前になっていますよね。それこそ、一般カードならなおさらのこと。

 

そのため、年会費がかかってしまうとなると、いくら魅力的なカードであっても二の足を踏んでしまう方もいるのではないでしょうか!?

 

しかし、ここでちょっとした疑問がよぎります。「本当に年会費が無料のクレジットカードはお得なのか?」と.......。では、検証していきましょう!!

 

もちろん年会費無料は「お得」と言える

やはり結論から言えば「お得」です。単純にクレジットカード払いをするだけでポイントが貯まったり、さまざまな施設で優待されたりと、お得なサービスが充実しているからです。

 

それを無料のクレジットカードで利用できるわけですから、これを「お得」ではないというのであれば、何がお得なのか?と思いますよね。繰り返しになりますが、結論はお得と言えるでしょう。

 

年会費が必要であってもお得な場合もある

では、年会費がかかってしまうようなクレジットカードは損なのか?、と言われると、答えはノーです。ただ、残念ながら、本当に損になってしまうようなクレジットカードも存在します。

 

しかし、種類によっては、年会費相応のサービスを提供してくれるクレジットカードもあります。例えば、「ポイントプログラムの還元率がよくなる」というサービスがそれにあたります。

 

年間で利用する額が大きければ、あっという間に年会費は相殺でき、さらにポイントが効率よく貯まりますからね。このように、必ずしも損になるわけではないことは頭に入れておきたいところです。

 

選択肢がないケースもある

残念ながら、お目当てのクレジットカードの全てが年会費を必要とするケースもでてきます。例えば、ANAカードなどのマイル系クレジットカードは年会費が必要になります。

 

学生専用のカードや年齢制限のあるカードであれば、年会費が無料となっていることもありますが、基本的には有料となってしまいます。マイルを貯めるためには、必要不可欠なカードですからね。

 

先の例外が無い限り年会費無料の選択肢はありません。ただし、この場合も効率よくマイルを貯めていけば、十分に年会費分を相殺できるサービスのため、必ずしも損というわけではありません。

 

大事なことは「クレジットカードの使い方」

 

もうお気づきだと思いますが、年会費が有料であってもクレジットカードの使い方によっては、決して損になるわけではありません。

 

もちろん、使うシーンなどを考えて、相殺がきないような場合は、年会費無料のクレジットカード一択でよいでしょう。

 

ただ、それとは逆に、相殺が期待できるのであれば、視野をぐ〜んと広げてクレジットカード選びを行うとよいと思います。